しらべ学習「ここがポイント!」


調べたいことをしぼりこもう

Aくん「植物のたね」について調べたいA君は、こども図書館へやってきました。

Aくん「あのー、ぼく、植物のたねについて調べたいんですけど・・・。」
図書館の人「はい。それで植物のたねといっても、どんな植物のたねについて調べたいの?」
Aくん「えーっと、どうしようかな・・・?花のたねについて。」
図書館の人「花のたねについて?たとえばたんぽぽとか?」
Aくん「あ、それそれ、それでいいです。」
図書館の人「たんぽぽのたねのどんなことを調べたいのかな?」
Aくん「うーん・・・。」
図書館の人「??」
★ここがポイント!
 Aくんのどこがしっぱいなのか、もうわかっているよね。 図書館に調べごとに来るときは、調べたいことを具体てきにしぼりこむことが大事なんだ。Aくんは、ただ「植物のたね」と、大まかなことしか考えていなかったんだね。 
 図書館にあるたくさんの本のなかから、ほしい本に早く出会うためには、「これとこれ」というように、調べたいことをしぼりこんでおこう。しぼりこめないときは、図書館の人に相談してみるのもいいね。

どこまで調べたの、どこまで調べるの?

B子さんB子さんは「前橋の昔の生活」について調べています。今日は友だちと、こども図書館へやってきました。

B子さん「前橋の昔の生活について調べているのですが、何かいい本ありませんか?」
図書館の人「そうですね。郷土きょうどの本のコーナーに前橋のれきしについての本がありますよ。あんないしましょうか?」
B子さん郷土きょうどの本のコーナーはもう見てみました。友だちと調べたんです。」
図書館の人「おや、そうでしたか。そこの本には調べていることはのっていませんでしたか?」
B子さん「はい。わたしたち前橋の昔の写真がほしいんです。」
図書館の人「そうすると、こども図書館にはないですね。市立図書館の2階の郷土資料室きょうどしりょうしつに行くとありますよ。」
★ここがポイント!
 こども図書館の本はすでに調べたこと、また、ほしいのは「昔の写真」であることを、はじめにつたえるとよかったですね。そうすればB子さんが、すでにどこまで調べているのか、また、どこまで調べたいのかが図書館の人によくつたわります。図書館の人が見つけてくれた本が、一度調べた本だったら、がっかりしてしまうものね。

時間と根気がひつようだ

Cくん養蚕ようさん(糸をとるために“かいこ”をかうこと)」について調べることにしたCくんは、夕方になってお母さんとカウンターへやってきました。

Cくん「ぼく、養蚕ようさんについて調べてるんです。あの、どうして前橋は養蚕ようさんがさかんなのですか?教えてください。」
図書館の人「うーん、それはいろいろな理由が考えられるね。土地のこと、気こうのこと、それにれきしも調べてみないと・・・。」
Cくん「えーっ。そんなに調べないといけないの?すぐわかる答えがいいな。だって明日までの宿題なんだもん。」
図書館の人「それはたいへんだ。もうあまり時間がないよ。それに、すぐに答えが出てくるわけではないんですよ。」
★ここがポイント!
みんなは、Cくんのどこが問題なのか、もうわかったよね。
 調べごとのなかには、すぐに答えが出てこないものもあるんだ。ひとつの調べごとのために何さつも本を読まなければならないこともあるんだよ。だから、調べごとには、「時間」がひつようなんだ。みんなもなるべく時間によゆうをもって、あせらずあきらめないで調べてみよう。調べたことをまとめるにも、時間がひつようだね。

コピーには決まりがあります

D子さんさんこうになる本を見つけたD子さん。さっそく友だちとカウンターへやってきました。

D子さん「いい本を見つけました!」
図書館の人「そう、それは良かったね。」
D子さん「それで、この本全部、友だちの分もいっしょに5人分コピーしてください。」
図書館の人「ちょっと待ってください。コピーには決まりがあるのですよ。一さつの本の半分まで、しかも一部しかできないんです。」
D子さん「え、ほんとう?」
図書館の人「ほんとうですよ。法律ほうりつで決まっているのです。」
★ここがポイント!
図書館のコピーサービスは、「著作権法ちょさくけんほう」という法律ほうりつによって、本や写真・絵の半分までで、一人につき一部のみコピーできる、というように決められています
こんな点に注意して、図書館を上手に利用りようしてくださいね。図書館は「ちえ」と「ちしき」の宝箱たからばこ。みんなも図書館で、本のぼうけんに出てみよう。
分からないことがあったら、どんどん図書館の人に聞いてみよう。

もどる